スポンサーリンク>

作曲のための基礎知識

【コードの仕組みとは】初心者のためのコード理論。規則的な音の並びとコードネーム

投稿日:2018年10月6日 更新日:

今日はコードについてのお話です。

 

初心者向けのギターの教材では、

コードを押さえてみましょう!

といったところから

始まるものも多いですね。

 

ギタリストに限らず、

音楽を演奏する方なら

日々コードという言葉を耳にします。

 

コードとは音の詰み重なり。

作曲はもちろんのこと、

たくさんの楽器の音を重ねる

編曲においては

非常に重要な要素です。

 

コードがわかるようになれば

メロディーとの関係性や

周りの楽器との関係性が

深く理解できるようになり、

1つの曲に対して、

より深く理解ができるようになります。

 

<スポンサーリンク>

コードとは?

コードとは、

3つ以上の和音でできた

1つの音の響きのことをいいます。

 

基本は3和音

最も基本となるコードは、

ルート(1度)+ 3度 + 5度

のメジャーコードと言われるものです。

 

Cのコードであれば

構成音はドミソとなります。

 

3度や5度って?

先ほど出てきた3度や5度という言葉。

これは度数といって

音の間隔を表すものです。

 

度数の考え方では、

音の間隔は音階で数えます。

半音刻みに数えるわけではない

ということですね。

 

音階についてはこちら!

 

基準となる音(ルート)を1度とし、

1オクターブ(8度)で一周します。

 

■キーがCの場合

C(ド):1度(ルート)
D(レ):2度
E(ミ):3度
F(ファ):4度
G(ソ):5度
A(ラ):6度
B(シ):7度
C(ド):8度
D(レ):9度

 

間違いやすい点は、

ルートは1度としてカウントすることです。

注意しましょう。

 

♯や♭がつくと

楽曲によってには

スケールから外れた音が

登場することがあります。

 

しかしこれまでの説明では、

音階を基準として度数を数えるため、

♯や♭を表すことができません。

 

スケール外の音は

どう考えればいいでしょうか?

 

結論から言うと

♯や♭がついても

度数そのものに変化はありません。

 

長や短、増、減、または完全

という言葉を使って表現します。

 

コードネームと度数

コード(和音)には、

音の積み重なり方によって

それぞれに名前が付けられています。

 

これをコードネームと呼んでいます。

 

コードネームには法則があり、

この名前がつく時は

この音の積み重なり方をする

ということが決まっています。

 

知識があれば

コードネームが分かれば

自分でコードを探し出すことができます。

 

ここからは代表的なコードを紹介します。

(全てのキーをCで考えます。)

 

メジャーコード(C)

Root+M3+M5

ド+ミ+ソの3和音で構成されています。

最も基本的なコードです。

 

マイナーコード(Cm)

Root+m3+M5

ド+ミ♭+ソで構成されます。

メジャーコードと比較して、

ミの音が半音下がっています。

 

たった1音の違いですが

これだけでコードの雰囲気がかなり変わります。

 

コードネームの表記上は

小文字の”m”で表されます。

 

セブンスコード(C7)

Root+M3+M5+m7

4和音が出てきました。

ド+ミ+ソ+シ♭で構成されます。

 

セブンスコードを主体に曲を作ると

ブルージーな印象になります。

 

曲中で部分的に使う場合は、

AメロからBメロに移行する時や

Bメロからサビに移行する時など

次の展開に移り変わる場面で使用すると

効果的に使うことができます。

 

表記は”7”で表します。

 

メジャーセブンスコード(CM7)

Root+M3+M5+M7

こちらもセブンスコードと同じく4和音。

 

7度の音に注目ですね。

構成音はド+ミ+ソ+シです。

 

表記は”M7”と表します。

 

マイナーは小文字の“m”でしたが

メジャーは大文字の“M”で表記します。

 

マイナーセブンスコード(Cm7)

Root+m3+M5+m7

マイナーコードに

セブンスが加わりました。

 

少しコードネームの規則性が

見えてきたのではないでしょうか。

 

構成音はド+ミ♭+ソ+シ♭

 

表記は”m7”です。

 

シックスコード(C6)

Root+M3+M5+M6

6度が出てきました。

メジャーコードに6度の音を足せば

シックスコードとなります。

 

構成音は、ド+ミ+ソ+ラの4和音。

 

表記は”6”です。

 

あまり見かけないコードに

感じるかもしれませんが

特定のジャンルでは多様します。

ポップスなんかでも頻繁に使用されています。

 

アドナインス(Cadd9)

Root+M3+M5+M9

メジャーコードに9度の音を足すと

アドナインスコードとなります。

 

構成音は、ド+ミ+ソ+レ

 

表記は”add9”と表します。

 

ちなみに、addは

付け加えるという意味です。

 

ナインスコード(C9)

Root+M3+M5+m7+M9

先ほどのadd9コードと混同しやすく、

注意が必要なコードです。

 

add9コードは、

メジャーコードに9度を足しましたが、

ナインスコードは、

セブンスコードに9度を足します。

 

構成音は、ド+ミ+ソ+シ♭+レ

 

”9”と表記します。

 

サスフォー(Csus4)

Root+M4+M5

ド+ファ+ソの3和音。

 

実際の曲中では、

メジャーコードとセットで

使われることが多いです。

 

表記は”sus4”となります。

 

ディミニッシュ(Cdim)

Root+m3+-5+M6

ド+ミ♭+ソ♭の3和音。

 

特殊なコードで、

コードとコードをつなぐ

経過音の役割をします。

 

表記は”dim”です。

 

オーギュメント(Caug)

Root+M3++5

構成音はド+ミ+ソ♯

 

こちらも経過音としての使用が多いコードです。

 

表記は”aug”です。

 

マイナーセブンスフラットファイブ(Cm7-5)

ルート(1度)+短3度+短5度+短7度

構成音は、ド+ミ♭+ソ♭+シ♭

 

最近のJ-POPなんかで、

よく取り入れられていますね。

 

表記は”m7-5”と表します。

 

さいごに

構成音の1つが異なるだけで

全く違った響きとなり、

コードの印象は大きく変化します。

 

今回はコードネームのみの紹介ですが、

曲づくりにおいては、

コードやコード進行、

この辺りの話はかなり奥が深いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



<スポンサーリンク>



<スポンサーリンク>

-作曲のための基礎知識
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ドレミファソラシドで学ぼう】音名とは?

  ”ドレミファソラシド”   皆さんもちろん知っていますよね?   この”ドレミファソラシド” 現在、最もよく知られている音の名前です。   今回は音の名前、…

続きを読む

【意外と知らないかも】音というものを理解しよう。音楽における音についての基礎知識

  皆さんは音楽をする上で 音というものをどう捉えていますか?   「音楽とは、心で感じるものだ。」 「細かい理屈は不要。」   そう思う人も多いでしょう。  …

続きを読む

【比べてわかる】音名と階名の違い

  音名については、以前の記事で解説させて頂きましたが よく混用されがちな似た言葉で ”階名”というものがあります。 今回はこの”階名”と”音名”の違いについて解説していきます。 &nbsp…

続きを読む

【一目で簡単】曲のキー(調)を楽譜で見分ける方法

「バンドをしているけど、楽譜が読めない。」   「スケール(音階)の知識はあるが 楽譜を渡されると初見で弾けない。」   ポピュラー音楽をされている方って 意外と楽譜が読めないこと…

続きを読む

【メロディがつくれる】音階(スケール)についての基礎知識

「私には才能がないから、 作曲なんて無理だ。」   「自分の曲を作りたいが、 メロディーが浮かばない。」   よく耳にする言葉ですが、 そんなに落ち込まないでください。 &nbsp…

続きを読む

高さ合わせ用

【KYP】『春物語』 feat. 初音ミク
YouTube niconico piapro

こんにちは、KYPです。
アレンジャーです。

最近、自室に防音室をつくりました。音楽グループ『Grape Record』で編曲を担当。個人的にはYouTuberにOP曲を提供したり、気まぐれにボカロ曲もつくっています。よろしくお願いします。


<スポンサーリンク>