スポンサーリンク>

DIYで防音室自作

【DIYで防音室自作!】ロスナイ換気扇取付。レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

投稿日:2020年7月29日 更新日:

↓制作風景はこちらから(撮影してもらいました)

<スポンサーリンク>
 

防音と換気扇

新型コロナウイルスの影響で

『換気』という言葉を

よく耳にする今日この頃です。

 

今回は防音室における

換気扇の取付けについてです。

 

防音室はその性質上、

隙間がなく、非常に気密性の高い空間です。

 

密室ですので空気の入れ替えがしにくく、

必ず換気をする必要があります。

 

建築基準法では、

1時間で部屋の中の空気を

一定量以上入れ替えることのできる

換気設備を設置する様に

義務付けられています。

 

『そもそもなぜ換気が必要なのか?』

と思った方はおられないでしょうか?

 

換気の主な効果は以下の通りです。

・カビの原因となる湿気の除去

・二酸化炭素濃度上昇の抑制

・酸欠の防止

・シックハウス症候群の原因となる汚染物質の除去

 

カビやシックハウスは

もちろんのこと、

換気には健康面で

たくさんの効果があります。

 

換気をしないと、

二酸化炭素濃度が上昇し、

・眠気

・集中力の低下

・頭痛

など身体に影響が出ます。

 

いい音楽をつくる上で

音楽制作において環境は大切です。

 

まして防音室においては

たくさんの空気を吸って

歌うわけですから

換気設備は必ず必要です。

 

換気扇の選定

防音室に換気扇を取り付けるということは、

防音室の内と外に

空気の流れを作るということになります。

 

防音においては、

空気の流れをできる限り

遮断することが必要であり、

換気においては、

空気を入れ替える必要があるので

相反することをしなければなりません。

 

また録音時にノイズが載らない様、

換気扇の音に対しても

配慮しなければなりません。

 

様々なことを検討した結果、

三菱電機の『ロスナイ』という

換気扇を取り付けることにしました。

 

ヤマハの防音室『アビテックス』にも

採用されています。

 

 

ロスナイについて

『ロスナイ』とは、

三菱電機から発売されている

熱交換式の換気扇です。

 

大きな特徴として以下があります。

・熱交換による換気をする

・吸排気が同時にできる

・防音効果がある

 

熱交換による換気

一般的な換気扇は

電気でファンを回し、

空気を取り込む(排出する)

ことを行っています。

 

『ロスナイ』は、

熱交換器により吸気と排気を

同時に行う換気扇です。

熱を回収して再利用し換気を行います。

 

↓詳細はこちらからご覧ください。

ロスナイ公式HP

 

次はロスナイの特徴についてです。

 

防音効果がある(遮音性)

これが防音室に採用される

最も大きな理由です。

 

換気扇内部の

熱交換器の複雑な構造により、

音が通りにくいため、

防音効果があります。

公式HPでも謳われています。

 

とは言っても、

一般的な換気扇と比較して少しはマシ

といった程度で認識していた方がいいです。

 

音が漏れないという訳ではありません。

音は漏れます。

 

本格的な防音室では、

フードに防音チャンバーを

取り付けし対策します。

 

防音チャンバーとは、

バイクのマフラーみたいなものです。

 

今回私が作った防音室では、

防音チャンバーの取り付けはしていません。

 

あまりにも音漏れするようでしたら

後日対策を考えることにします。

 

吸排気が同時にできる

『ロスナイ』は、

吸排気を1台の換気扇

で行うことができます。

 

1本のパイプで吸排気ができるので

壁にあける穴は1つ、

防音室にとっては大きなメリットです。

 

吸排気を同時にするということは、

室内が正圧や負圧の状態にならないため、

ドアのアンダーカットやガラリも不要となり、

気密性の高い空間に適しています。

 

正圧・負圧とは

最近の住宅は、

気密性が高く作られています。

 

そのため換気扇で

室内の空気を外部に排出し続けると

外部より室内の気圧が低くなり、

外部から空気が流れこもうとします。

 

外部より室内の空気の圧力が低くなる、

これが負圧という状態です。

 

正圧はその逆で、

外部より室内の気圧が高い状態を指します。

 

気密性の高い築年数の浅い住宅で

キッチンの換気扇を回すと玄関ドアが重くなる

といったようなことも負圧が関係しています。

 

取付について

取り付けは簡単にできます。

 

取り付けをする際は、本体のほかに

フード、吸排気パイプが必要です。

全て別売です。

注文する際は注意しましょう。

電源をコンセントからとる予定の場合は、

コンセントプラグ変換ケーブル

も合わせて購入しましょう。

2種類のコードの長さから選べます。

防音室内のスペース確保、

ファンやモータの音の対策から

室外に本体、室内にフード

といった形で今回取り付けをします。

 

①壁に穴をあける

まずは据付位置を決め、壁に穴をあけます。

補強のため余っていた板を1枚取付しました。

 

穴の大きさはφ120と大きいです。

私はドリルとジグソーで穴あけをしました。

 

電源にコンセントプラグを使用しない場合は、

この段階で電源線用の穴をあけ、

通しておきます。

 

②取付プレートと吸排気パイプの接続

取付プレートと吸排気パイプが

つながる部分の溝にコーキング材を充填し、

吸排気パイプを取り付け、

付属のアルミテープで巻き付けて固定します。

 

パイプの内側からも

取付プレートとパイプの

つなぎ目をコーキングします。

 

乾燥を待ってから次の工程に移ります。

 

③吸排気パイプを切断する

 

壁厚+3cmでパイプを切断し、

付属の断熱材を巻き付けます。

 

フードの種類(防火ダンパーの有無)で

切断長さが変わります。

ノコギリ等で簡単に切断できます。

 

④取付プレートを取り付けする

先程あけた穴に取付プレートを固定します。

水平に取付するように注意します。

 

⑤ロスナイ本体の取り付け

本体を取り付けします。

取り付けプレートの上側に引っ掛け、

下側から付属のネジで固定します。

 

電気配線も同時行います。

オプションのコンセント変換プラグ

を購入していれば、

端子に差すだけで配線が完了します。

 

 

カバーをつけたら室外側は完了です。

 

⑥室内側の隙間を埋める

室内側の壁とパイプの隙間を

コーキング材で埋め、

乾燥を待ちます。

 

⑦フードを取り付ける

フードの固定プレートを取り付けします。

上下があるので注意します。

フードを取り付けたら完成です。

 

費用について

自分で取り付けしたため、

部材代のみとなります。

ロスナイ本体:10,406円

吸排気パイプ:623円

室外フード:1,169円

コンセントプラグ変換コード:658円

 

合計:12,856円

高価な換気扇の部類に

入るのではないでしょうか。

 

実は、、、今回の防音室で

最もお金かかっている部分です。

 

当初はヤフオクで探していましたが

ちょうどいいものがなく、

最終的に新品を購入しました。

 

タイミングが合えば、

もっと安く購入できたかもしれません。

 

動作音について

動作音は風量に対して、

静かな印象を受けました。

 

風量は弱と強の2種類があります。

強での運転では、

はっきりと動作音がしますが、

弱での運転あれば、

特に気になりません。

 

取り付け位置とマイクとの関係もありますが

コンデンサーマイクを使うような録音でも、

弱であれば動作させれそうです。

 

⇩ダイジェスト版はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



<スポンサーリンク>



<スポンサーリンク>

-DIYで防音室自作
-, , , ,


  1. ジャッカル より:

    はじめまして。
    防音室にロスナイ取付ですね。
    最近では一般住宅の各部屋にロスナイが標準で取付されていますが、今回の取付の仕方は通常とは違って敢えて内と外を逆に取付されているのですね?
    面白い発想です。
    通常は室内側にロスナイ本体を取付て室外側に吸排気のフードを取付ます。

    • acousticspace より:

      ジャッカル 様
      コメントありがとうございます!
      そうですね。
      今回、敢えて逆に取付けしました。

      防音室という特性上、日常生活では特に気にならないほどの動作音でも、コンデンサーマイクを使っての録音だとやはり気になることが多いです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【DIYで防音室自作!】ダイジェスト版。レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

本記事はダイジェスト版です。   ↓制作風景はこちらから (撮影してもらいました)   詳細は以下にリンクを貼ってます。 気になる方はどうぞ! 【DIYで防音室自作!】床制作編。レ…

続きを読む

【DIYで防音室自作!】壁・天井編。レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

CONTENTS壁の構造外壁の制作①枠をつくる②壁を立ち上げる③遮音シートを貼る④外壁(合板)を貼る⑤天井を乗せる⑥戸枠を取り付け⑦手前の壁を作る内壁の制作①壁内に吸音材を入れる②内壁を貼る ↓制作風…

続きを読む

【DIYで防音室自作!】ドア・ドアハンドル制作編。グレモンハンドル自作!レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

CONTENTS防音ドアの構造防音ドアの制作①木材をカット・目の字に組む②遮音シート、合板を貼り付ける③吸音材を詰める・合板を貼る④戸当たりの取り付け⑤戸当たりテープの貼り付けグレモンハンドルの自作構…

続きを読む

【DIYで防音室自作!】水冷式自作クーラー取付!レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

CONTENTS防音室は暑い防音室とエアコン(クーラー)エアコンの仕組みクーラーの種類簡易クーラー自作にあたってどんな仕組みのクーラーが最適かDIYで防音室用の簡易水冷クーラーを自作!構造用意したもの…

続きを読む

【DIYで防音室自作!】材料の選定について。レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

CONTENTS防音と材料材料と規格構造材(柱材)荒材SPF材(2×4材)構造材(板材)木材系石膏ボード壁材は木材と石膏ボード、どちらを選ぶか壁材比重まとめ透過損失について防音材遮音材吸音材防振・制振…

続きを読む

高さ合わせ用

Grape Record / サヨナラ〜この恋風に乗って〜 [Official Music Video]
YouTube Twitter 公式LINE

音楽グループ『Grape Record』でアレンジとベースを担当。わずかに変わった3人組ユニット。


<スポンサーリンク>