スポンサーリンク>

DIYで防音室自作

【DIYで防音室自作!】ダイジェスト版。レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

投稿日:2020年7月30日 更新日:

本記事はダイジェスト版です。

 

↓制作風景はこちらから

(撮影してもらいました)

 

詳細は以下にリンクを貼ってます。

気になる方はどうぞ!

 

<スポンサーリンク>
 

設計・買い出し

構想を練り、設計します。

 

材料の買い出しがとても大変。

なんといっても重さがきつい。

総重量200kg前後です。w

 

床をつくる

まずは床からつくり始めます。

材料をカットしてビスで接合し、

枠をつくります。

 

床には『防音・制振Dマット』を

敷きました。

 

枠が出来たら合板を貼りビスでとめます。

合板は12mmの針葉樹合板を使用しました。

 

次は内側に吸音材を入れます。

今回吸音材は、

『ロックウール』を使用しています。

 

天板を貼ります。

こちらも12mmの針葉樹合板です。

隙間はコーキングで埋めました。

 

天板の上に、

再度『防音・制振Dマット』を敷き、

床の完成です。

 

↓詳しい解説はこちら

 

外壁をつくる

今回壁は二重壁とし、

内部に空気層を設けることにしました。

 

床と同じように壁をつくります。

 

枠が4面分出来たら、

L字になるように枠同士を接合します。

 

L字となるように接合することで

壁が自立し、作業しやすくなります。

 

木枠を床の上にのせ、

ビスで床と接合します。

(※写真は手前しかとまっていません。)

 

壁が立ち上がったら、

遮音シートを外側に貼り付けます。

 

遮音シートは、

文字が書いている方が

内側に向くように貼り付けます。

 

貼り付けにはタッカーを使用します。

天井に1本梁を通しておきます。

 

天井をのせます。

天井となる板に遮音シートを貼り付け、

外側からビスで固定しました。

 

ドア枠を取り付けておきます。

ドア枠には『2×4材』を使用しています。

外壁となる合板を

外側からビスで固定し、外壁の完成です。

 

内壁をつくる

外壁ができ、

一気に防音室らしい見た目になりましたね。

内側はこんな感じなっています。

 

寸法通りにつくっていても、

どうしても少しの隙間ができてしまいます。

 

防音室に隙間はご法度なので

コーキングで塞いでいきます。

 

少し雑ですが、

内壁を貼ると見えなくなるのでOKです。

マスキングなしで厚めにコーキングします。

コーキングが乾燥したら

吸音材を取り付けます。

換気扇の配管もあらかじめ通しておきます。

内壁を貼ります。

照明などの配線は

内壁を貼る前に通しておきます。

内壁を貼っていきます。

微妙な誤差に対応するために

寸法は現場で合わせます。

換気扇のフード、コネクターボックス、

電源等を取付けしたら内壁の完成です。

 

↓詳しい解説はこちら

 

ドアをつくる

『目の字』になるように枠を組みます。

壁と同じように遮音シートを貼り、

上から合板を貼り付けます。

 

重たくなるので、

吸音材は内壁を貼る前に

先に取り付けました。

 

蝶番は3つ使用しています。

内側に吸音材を入れ、

遮音シート、合板を貼ります。

扉ができたら、戸当たりをつけます。

1×2材を使用しました。

グレモンハンドル(グレモン錠)の自作

次はドアノブを取り付けします。

防音室のドアノブは

『グレモン錠(グレモンハンドル)』

というものが使用されることが多く、

購入すると安くても1〜1.5万円程度します。

 

構造が単純でつくれそうな気がしたので

自作することにしました。

 

■用意するもの
・φ15mmとφ32mmのアルミパイプ 各1本
・φ32mmの木材(丸棒) 1本
・M10のボルト 1本
・M10ナット 4個
・ワッシャー 2枚
・スペーサー 2個
・パイプハンガーの受け金具 4個

 

アルミパイプ、木材ともに

ジグソーでカットします。

 

木材はアルミパイプの中に

おさまるようにノミで削ります。

アルミパイプの中に木材を入れ込みます。

(ある程度削って

ハンマーで叩いて入れました。)

穴あけ加工をしていきます。

穴あけができたら組み立ててみます。

余っていた合板をカットし、

扉に取り付けました。

 

パイプハンガーの受けは

2つ(内側・外側)を軸にビス留め、

2つ(内側・外側)は

カットした合板にビスで固定します。

 

スムーズに回転すればハンドルは完成です。

 

次は室内側の受けとなる部品をつくります。

 

余っていた1×2材を

ノミで削り、加工します。

室内に取り付け、

扉がしっかりとしまるように調整します。

 

滑りが悪かったので、

アルミ板を貼りました。

 

ある程度ドアの隙間が埋まるようになれば、

戸当たりテープで隙間の調整をして

完成となります。

 

↓詳しい解説はこちら

 

電気・配線関係

防音室と並行して

配線や電気周りも作っていきます。

 

今回必要な電気関係は

・照明

・スイッチ

・コンセント

 

録音するのに必要な配線は

・マイク接続用のXLRコネクタ

・ギター接続用のフォンジャック

・ヘッドフォン様のジャック

以上が必要です。

 

壁の中での取り回しが必要な配線関係は

内壁を貼る前に通しておいた方が

作業しやすいです。

 

また電気工事をする場合は、

電気工事士の資格が必要となります。

 

照明から取り付けしました。

コンセントは露出のものを使い、

モールを取り付けします。

録音するのに必要なジャック、コネクタ類は

コネクターボックスに

まとめることにしました。

 

既製品を探しましたが

条件に合うものがなく、

価格もそれなりにするので、

こちらも自作することにしました。

 

防音室の内側、外側ともに

コネクターボックスをつくります。

 

タカチ電機工業さんの

SW型プラスチックケース

を使用することにしました。

 

穴をあけ、配線を通します。

 

ジャックそれぞれをはんだ付けし、

繋いでいきます。

 

カバーを取り付けしたら完成です。

 

換気扇

防音室には必ず換気設備が必要です。

 

大きな問題は、

換気扇の設置には

壁に穴を空ける必要があり、

その穴から音も一緒に

外へ逃げてしまいます。

 

相反する状況を解決するために

『ロスナイ』という換気扇を購入しました。

 

熱交換により換気を行う換気扇で、

吸気、排気を同時に行います。

 

YAMAHAの防音室、

アビテックスにも採用されています。

配管などが付属していないため、

購入する際は忘れずに注文しましょう。

取扱説明書に沿って設置します。

配管を壁厚+3cmで切断し、

付属の断熱材を巻き付けます。

壁に穴を空けます。

 

ホールソーを持っていなので、

ドリルで円形に穴を空け、くり抜きました。

 

補強のため余っていた板を1枚貼っています。

 

先ほどの取り付けプレートを設置します。

 

引っ掛ける様な形で本体を取り付けします。

 

電源は周りを取り付けし、

カバーをつけたら本体側は完成です。

続いて防音室内側に

フードを取り付けします。

 

まずは配管の周りの隙間を

コーキングで埋めます。

 

取り付けプレートを固定します。

 

フードを被せたら完成です。

 

↓詳しい解説はこちらから

 

内装関係

床はタイルカーペットを敷きます。

 

カッターで簡単に切断できるので

加工しやすく、

素人でも取り扱いしやすいです。

床にぴったりのサイズにカットし

敷き詰めます。

 

壁には吸音材を貼ります。

ポリウレタンフォームの吸音材を

48枚購入しました。

 

開封して1日程度放置しておくと

勝手に膨らみます。

 

材質上接着剤等で

貼り付ける事は難しいので

タッカーでとめました。

 

壁面全体に貼り付けるのではなく、

ピンポイントで設置しています。

完成!

とうとう完成しました。

平日は仕事、休日は1日中防音室

といった風に自作していたので

久しぶりにゆっくり休めそうです。

 

製作費・製作時間

気になる製作費用について発表します。

 

今回自作したこちらの防音室は、

約80,000円となりました。

 

内訳はこちらです。

構造材:25,483-
防音材:21,760-
ドアハンドル:3,759-
換気設備:12,856-
電気設備:3,680-
音響関係:2,738-
その他:10,376-

 

⇩詳細はこちらから

 

次に製作時間です。

想像よりも遥かに

大掛かりなDIYとなりました。

 

2回の休みは1日中制作していましたが、

完成までに1ヶ月かかりました。

作業日数にして7です。

これ以外に構想や設計に

費やした時間があります。

 

新型コロナウイルスの影響で

ホームセンターの

木材カットサービスがなく、

木材のカットを全て自分で行いましたので

ホームセンターでカットしてもらえていたら

もう少し期間の短縮が

できたかもしれません。

 

DIYでつくった自作防音室の防音効果

さて、気になる防音効果の発表です。

測定には以下のアプリを使用し、

iPhoneで測定しました。

デシベルメーター

 

3箇所で測定しました。

・防音室内

・防音室前

・防音室を設置した部屋のドア前

 

測定値は以下の通りとなりました。

(最大値で記載しています。)

 

防音室内:98dB

防音室外:68dB

部屋の外:44dB

 

大成功です!

平均30〜40dBほどの防音ができており、

想像以上の効果です。

 

防音室外ではDr-30dB程度、

部屋の外ではDr-50dB程度の

防音効果となりました。

 

壁を隔てた隣の部屋では

ほとんど聞こえないほどです。

 

体感で例えると、

防音室のある部屋内では

会話程度の音の大きさとなり、

部屋の外では、

図書館程度の音の大きさとなっています。

 

深夜の郊外でも

30dB程度の音が鳴っていますので

それと比較しても十分な性能でしょう。

 

さらに防音効果を高めるためには、

ドアに工夫をすれば

もっと防音ができそうです。

 

↓効果検証はこちらから

 

防音室自作を考えている方へ

実際に防音室をつくってみて

感じたことですが、

防音室の自作は、

想像以上に大掛かりで大変な作業です。

 

自作する際は覚悟して

取りかかった方がいいです。

 

ちなみに今回自作した防音室と

同程度の防音効果のある防音室を

購入するとなると

新品で40万〜80万円程度

販売されています。

(0.8畳程度。Dr30〜40程度の防音性能)

 

制作時間を考慮しても

十分ではないでしょうか。

 

自作防音室はとてもコスパに優れています。

できる事なら自作したいものですよね。

 

せっかくですので

制作にあたっての詳しい解説を

公開しておきます。

お役に立てれば幸いです。

 

 

↓制作風景はこちらから(撮影してもらいました)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



<スポンサーリンク>



<スポンサーリンク>

-DIYで防音室自作
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【DIYで防音室自作!】材料の選定について。レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

CONTENTS防音と材料材料と規格構造材(柱材)荒材SPF材(2×4材)構造材(板材)木材系石膏ボード壁材は木材と石膏ボード、どちらを選ぶか壁材比重まとめ透過損失について防音材遮音材吸音材防振・制振…

続きを読む

【DIYで防音室自作!】床制作編。レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

CONTENTS床の構造作業開始!①骨組みをつくる②底板を貼る③コーキングで隙間を埋める④吸音材を詰める⑤天板を貼る⑥防音マットを貼る ↓制作風景はこちらから <スポンサーリンク> &nb…

続きを読む

【DIYで防音室自作!】費用について。レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

CONTENTS自作した防音室の制作費用内訳について材料別内訳製作期間・時間より安く製作するにはコストパフォーマンスについてさいごに   ↓制作風景はこちらから (撮影してもらいました) &…

続きを読む

【DIYで防音室自作!】ロスナイ換気扇取付。レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

CONTENTS防音と換気扇換気扇の選定ロスナイについて熱交換による換気防音効果がある(遮音性)吸排気が同時にできる取付について①壁に穴をあける②取付プレートと吸排気パイプの接続③吸排気パイプを切断す…

続きを読む

【DIYで防音室自作!】ドア・ドアハンドル制作編。グレモンハンドル自作!レコーディング用、練習用のボーカルブースを自作!賃貸マンションに録音環境を!

CONTENTS防音ドアの構造防音ドアの制作①木材をカット・目の字に組む②遮音シート、合板を貼り付ける③吸音材を詰める・合板を貼る④戸当たりの取り付け⑤戸当たりテープの貼り付けグレモンハンドルの自作構…

続きを読む

高さ合わせ用

【KYP】『春物語』 feat. 初音ミク
YouTube niconico piapro

こんにちは、KYPです。
アレンジャーです。

最近、自室に防音室をつくりました。音楽グループ『Grape Record』で編曲を担当。個人的にはYouTuberにOP曲を提供したり、気まぐれにボカロ曲もつくっています。よろしくお願いします。


<スポンサーリンク>