スポンサーリンク>

プラグイン

【もうノイズ除去だけではない!】進化した”RX7”。注目の新機能。

投稿日:2018年12月20日 更新日:

先日Inter BEEに参加させて頂きました。

 

今回のInter BEE、

オーディオ部門では特に、

AI(人口知能)を搭載したプラグインの紹介が多く感じました。

 

たくさんのプラグインが紹介されていましたが、

その中で「RX7」といったプラグインが記憶に残りました。

 

今回はInter BEEで紹介されていた注目の新機能について紹介します。

 

 

iZotope「RX7」とは?

「RX7」はオーディオリペア、

特にノイズ除去の面で非常に優れたプラグインで、

iZotope(アイゾトープ)社から発売されています。

 

映画などの数々の映像作品、

オーディオなどの業界で使用されている

プロ用のオーディオリペアツールです。

 

もちろんプロでなくても

購入、使用することができますよ。

 

どんなプラグイン?

オーディオ波形編集ソフトなどでは

取り除くことが難しいノイズ。

 

Gateやフィルター、オートメーションなんかで

ノイズ除去を試みることも多いですが、

やはり限界がありますし、

原音が損なわれてしまいます。

 

そういった問題を解決してくれるのが「RX7」です。

 

高度なデジタル処理によって

今まで修復不可能と言われたようなノイズを

除去、修復することができます。

 

ノイズの処理は作品のクオリティに大きく影響します。

 

「いいテイクが録れたのに、ノイズが噛んでしまった。」

「録音したトラックは1つだけなのに、ノイズが入ってしまっている。」

 

よくある悩みですが、

「RX7」の導入で簡単に解決します。

 

また「RX7」は、一般的なノイズの除去だけではなく、

残響音の除去や2つの素材の周波数特性を合わせるなど

音楽制作において広く活用することができます。

 

注目の新機能とは

①Music Rebalance

Inter BEEにて実際に体験してきました。

この機能には本当に驚愕しました。

すでにミックス済みの音源からボーカルだけの抽出ができます。

 

実際に聴いて来ましたが、

本当に魔法のように綺麗に歌だけが抜けます。

実際に聴いてみてください。

 

 

ミックスやリミックス以外の用途でも

耳コピなどの練習にも使えますし、

非常に重宝する目玉機能でしょう。

 

②Repair Assistant

こちらはノイズのあるオーディオデータの修復をしてくれます。

ポイントはノイズの除去を

RX7が自動で解析し、処理を行なってくれることです。

 

RX7が自動で修復したものから

より細かい設定がユーザーで設定出来るようになっています。

 

 

こちらはライト版のElementsにも

「Repair Assistant」は搭載されています。

 

シリーズラインナップ

RX7では機能に応じて、

3つのシリーズに分類されています。

 

↓各シリーズの比較はこちらよりご確認ください。

https://www.izotope.com/en/products/repair-and-edit/rx/features-and-comparison.html

 

RX7 Elements

RX 7 Elements

RX 7 Elements

こちらはRXシリーズのライト版です。

お試し版ということもあって、

機能的にはやや不十分だと思います。

 

ですが、今なら「RX6」82%OFFで購入することができ、

なんと無料で「RX7」のライセンスが付いてきます。

 

おそらく在庫限りのセールで

いつまでの販売なのかは分かりませんが

この価格での購入はかなりオススメです。

 

↓セール品購入はこちらから

iZotope ( アイゾトープ ) / RX 6 Elements (RX 7 Elements付)

 

RX7 Standard

RX7 Standard

RX7 Standard

私はこちらがオススメです。

通常版のパッケージです。

機能的には十分ですし、

新機能のMusic Rebalanceも使うことが出来ます。

 

正直、「Standard」で十分だと思います。

Elementsよりも声に対して

出来ることが多く、使い勝手のいいものも多いです。

 

RX7 Advanced

RX7 Advanced
RX7 Advanced

最上位版のパッケージです。

ドルビーアトモス7.1.2に対応しているほか、

「Standard」に比べ、

ポストプロダクションで使えるものがパッケージされています。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ノイズ除去に関して、

RX7は非常に優れたプラグインです。

 

今回から搭載のMusic Rebalanceは

大きな可能性を秘めた機能だと思いますし、

これからのオーディオリペアの分野でも活躍しそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



<スポンサーリンク>



<スポンサーリンク>

-プラグイン
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【WAVES GOLD】初心者にもオススメのプラグインバンドル!本格的な音楽制作に欠かせない必須パッケージ!収録プラグイン一覧とその内容

皆さん、! ミックスやマスタリングの ソフト選びはどうされていますか?   この世には星の数ほどのメーカーがあり、 たくさんのプラグインが発売されています。 「どれを選んだらいいかわからない…

続きを読む

【WAVES GOLD】収録コンプ一覧!各コンプレッサーの使い方・特徴を紹介!初心者にも分かりやすい比較用音源付!

『コンプレッサーはミキシングにおいて 最も重要なエフェクトである』 と言っても過言ではありません。   音楽制作のどんな場面においても ラウドネスを均一化したり、 音の奥行きやキャラクターを…

続きを読む

【WAVES GOLD】その他のプラグイン一覧!アンプシュミレーターやVUメーター、ボーカルピッチ補正などの使い方・特徴!初心者にも分かりやすい比較用音源付!

EQやコンプレッサー、 モジュレーションや 空間系エフェクトが揃っていれば ある程度のミックスができます。   しかしWaves GOLDの底力は それだけにとどまりません。   …

続きを読む

【iZotope Tonal Balance Control】ミックス・マスタリングの強力な味方!特徴・使い方を解説!周波数分布を可視化で初心者にも最適!

突然ですが、、、 皆さんはリファレンストラックを 使用していますか?   リファレンスとは「参照」という意味です。 つまりリファレンストラックというのは ミックス、マスタリングの際に 参考と…

続きを読む

【iZotope Nectar3】新時代ボーカル用総合ツールの定番!現代のボーカルミキシングに必要不可欠な機能・モジュールの特徴・使い方を解説!

ミキシングの最大の壁、 それはボーカルミックスです。   歌ものの楽曲において中心となる ボーカルのミキシング処理は その楽曲のクオリティの 良し悪しを決定するほど重要です。   …

続きを読む

高さ合わせ用

【KYP】『春物語』 feat. 初音ミク
YouTube niconico piapro

こんにちは、KYPです。
アレンジャーです。

最近、自室に防音室をつくりました。音楽グループ『Grape Record』で編曲を担当。個人的にはYouTuberにOP曲を提供したり、気まぐれにボカロ曲もつくっています。よろしくお願いします。


<スポンサーリンク>