スポンサーリンク>

ポイントを押さえれば楽譜は読めるようなる!

【第7回 和音やコードも読めるようになろう】ポイントを押さえれば楽譜は読めるようになる!

投稿日:

これまでは単音の楽譜を中心にお話してきました。

 

しかし、楽譜は単音だけではありませんよね。

 

今回は和音やコードに挑戦します。

 

↓過去回はこちら

 

<スポンサーリンク>
 

コードとは

和音といえば、2つ以上の音の組み合わせですが、

コードとは何でしょうか。

 

コードとは、基本的に

3和音で構成された、1つの音の響きのことをいいます。

 

最も基本的なコードは

ルート(1度)+ 3度 +5 度

のメジャーコードが基本となります。

 

キーがCの場合、ドミソですね。

楽譜で表すと以下のようになります。

このように、度数によって決められた響きがあり、

それぞれにコードネームがついています。

 

決まった音の積み重なりが、コードを作ります。

 

↓度数やコードについて詳しくはこちら

 

コードと音の積み重なり

同じ音の組み合わせであれば

音の積み方を変えても同じコードです。

 

先程のCメジャーコードです。

この音の積み方以外にあと2つ、音の積み重なり方があります。

どちらもCメジャーコードです。

このように同じコードでも、とる音の高さによって

3つ以上の音の重なり方があり、ややこしいですよね。

 

コードを読む時の考え方

楽譜上にコードネームが書かれている時は、

コードを覚えていれば、簡単に演奏することができます。

 

コードネームが書かれていない時は、

自力で楽譜を見て、コードを探すしかありません。

 

ここで前回までの練習が活きてきます。

 

音符を見て、すぐに鍵盤が弾ける状態になっているのなら

同時に見る音の数が増えても、案外簡単に演奏することができます。

 

和音を形で覚える

コードの構成音の基本が

ルート(1度)+ 3度 +5度

であるように、和音の基本は、3度と5度です。

 

音の重なり方が決まっているということは、

ある程度、楽譜上でも共通点が出来てきます。

 

以下をご覧ください。

 

いかがでしょうか。

似たような音の積み重なりをしていますね。

 

楽譜に慣れてくると、

音符の積み重なり方を見て、和音の種類を判断できるようになってきます。

 

練習曲

練習用に簡単な譜面を用意しました。

いかがでしょうか。

簡単過ぎたでしょうか。

 

↓演奏するとこうなります。

 

ちなみにコードネームをつけると、以下のようになります。

さいごに

今回でこのシリーズも終わりです。

7回に渡り、説明しました。

 

なるべく最低限必要なことだけを説明してきたつもりですが、いかがでしたでしょうか。

 

楽譜を読む上で大切なことは

・必要な知識をつけること

・楽譜上の音符をダイレクトに鍵盤で弾けること

の2つが重要です。

 

あとは、慣れと練習ですね。

 

日常生活で楽譜を読む機会なんてないのだから、読めなくて当然。

ちょっとした努力で次第に読めるようになってきます。

 

「楽譜なんて読めなくていい。」

なんて言わず、諦めずに頑張りましょう。

 

↓過去回はこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



<スポンサーリンク>



<スポンサーリンク>

-ポイントを押さえれば楽譜は読めるようなる!
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【第1回 音価について】ポイントを押さえれば楽譜は読めるようになる!

  「楽譜を見ただけで初見で演奏できる。」 「思い付いたメロディをそのまま楽譜に書き込むことができる。」   羨ましいと思ったことはありませんか?     「楽…

続きを読む

【第5回 楽譜と鍵盤をリンクさせる】ポイントを押さえれば楽譜は読めるようになる!

前回までの説明で 楽譜を読むために最低限必要な知識は 理解頂けたかと思います。   今回からはその理解した知識を使って 初見演奏ができるようになるために 必要なことについてお話しします。 &…

続きを読む

【第4回 拍子、キー(調)、♯や♭について】ポイントを押さえれば楽譜は読めるようになる!

楽典のお話が続きますが もう少し頑張りましょう。   知って頂きたいことはあと少しです。   今回は第4回目、 拍子とキー(調)、♯や♭についてお送り致します。   ↓過…

続きを読む

【第2回 タイとスラーについて】ポイントを押さえれば楽譜は読めようになる!

前回は音価について説明しました。 基本的なところを理解頂いたところで 楽譜を読むポイントととして 音価やリズムのお話をもう少しさせて頂きます。   今回は第2回、 タイとスラーについてお話さ…

続きを読む

【第6回 キー(調)と楽譜の読み方】ポイントを押さえれば楽譜は読めるようになる!

前回のような練習の方法では、キーが変わると対応できませんよね。   今回はキーが変わった時にどう考えるかを説明したいと思います。   キー(調)については、第4回で説明しています。…

続きを読む

高さ合わせ用

Grape Record / サヨナラ〜この恋風に乗って〜 [Official Music Video]
YouTube Twitter 公式LINE

音楽グループ『Grape Record』でアレンジとベースを担当。わずかに変わった3人組ユニット。


<スポンサーリンク>