スポンサーリンク>

エフェクター

【音源付】BOSS ML-2をレビュー!メタル向けのハイゲインなディストーション!

投稿日:

BOSS ML-2 Metal Core

ハイゲインで低ノイズな

歪みペダルを探しているのなら

一度はML-2を試すべきです。

 

BOSSのエフェクターは、

敬遠する方もおられますが、

世界中で人気があり、

日本が世界に誇る

エフェクターブランドです。

 

今回は実際にML-2

使用したデモ音源を交え、

BOSS ML-2 Metal Core

魅力についてご紹介します。

 

仕様

ML-2 Metal Core(メタルコア)

2007年にBOSSから発売された

ハイゲイン系の

ディストーションペダルです。

 

発売から10年以上が経っていますが、

未だに販売されているということは

それなりに人気のある

エフェクターなのでしょう。

 

筐体はラメ加工が施されており、

見た目にもクールなペダルです。

 

内部はアナログ回路ではなく、

デジタル回路が採用されており、

完全なるデジタルのエフェクターです。

 

電源は9V駆動。

電池、またはACアダプタで駆動します。

 

ACアダプタは、

お馴染みのPSA-100です。

 

コントロール部

LEVEL:音量
LOW:低域EQ
HIGH:高域EQ
DIST:デイストーション量

レベル、ディストーション量の

基本的なパラメーターが調整できるほか、

EQ(LOWとHIGH)が備えられ、

ML-2単体でも音作りがしやすいです。

 

ミドルはありませんが、

特に問題になることはないでしょう。

 

サウンドの傾向・特徴

ハイゲインでありながらも

シャープでタイトな

サウンドが特徴的です。

 

メタルコアという名前のように

メタルなどのハイゲインな歪みが

求められる場面で活躍しそうです。

 

メタル系などのジャンルの音楽は、

サウンドがごちゃつきやすいですが、

ML-2を使用すれば、

スッキリとまとまりそうです。

 

そうはいっても、

低域が出ていないわけではなく、

しっかりとした音圧感があります。

 

エレキギター特有の

低音のザクザクした感じや

ブリッジミュートのズンズンした感じを

簡単に出すことができます。

 

冷たいクールな音

ML-2の出音は、

温かみのない、冷たい音がします。

 

無機質なサウンドとも言えますね。

 

デジタル回路を採用しているため、

ここは仕方のない部分かもしれませんね。

 

全てのデジタルエフェクターに

言えることではないですが、

デジタル系のエフェクターは

ノイズなどの雑味がなく、

音が冷たくなりがちです。

 

クールなサウンドとも表現できますが、

ここは好みの分かれるところでしょう。

 

ハイゲインでありながら低ノイズ

ML-2はハイゲインペダルでありながらも

非常にローノイズなペダルです。

 

歪み系エフェクターのノイズには

頭を悩ませることが多いですよね。

 

もちろんギター本体にノイズがあれば

増幅されてしまいますが、

エフェクター単体からの

ノイズは全く気になりません。

 

これはML-2が、

完全なデジタル回路によって

設計されているためであり、

デジタルエフェクターの

最大のメリットです。

 

デモ音源

さて、ここからは

実際に聴き比べてみましょう。

 

デモ音源を用意しました。

ギターはEpiphoneを使用しています。

シングルコイルです。

 

ギターの演奏スキルに関しては

大目に見て頂ければ幸いです(笑)

 

基本のサウンド(12時)

まずは基本の12時の位置から。

 

歪んでいる割に

低域がタイトにまとまっていますね。

 

ちなみにBOSSのエフェクターは、

各つまみが12時の位置に

ある時のサウンドを基本に

設計されています。

 

DIST:0

DISTを絞りきっても

これぐらい歪みます。

 

クランチ用ペダルとして

ML-2の購入を検討する方は

いないと思いますが、

クランチ用ペダルとしての

運用はやはり難しそうです。

 

各つまみを絞り切ってもしっかり歪みます。

 

DIST:フル

バンドの中でこれほど

歪ませることもあまりないですが、

DISTをフルにしてみました。

 

これだけ歪ませていても

アタック音を聴き取ることができ、

音の輪郭が感じとれます。

 

さいごに

シャープでクールなサウンド、

ハイゲインでありながらも超低ノイズ、

というデジタルの恩恵を大きく受けたML-2。

 

しかし裏を返せば、

デジタルらしい冷たい音

ということになり、

好みは分かれると思います。

 

アナログらしい

ウォームな歪みが好みなら

MT-2 Metal Zoneがオススメです。

 

ただしアナログ回路は

どうしてもノイズが気になり、

一長一短ではあります。

 

もちろん余裕があれば、

両方購入するのがオススメです。

 

ML-2とMT-2では、

音のキャラクターが違うため、

使い分けすることもできるでしょう。

 

ということで、

今回はML-2 Metal Coreのご紹介でした。

 

ハイゲインな歪みは数々ありますが、

購入を検討しているなら、

一度は試してみる価値のある

エフェクターです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



<スポンサーリンク>



<スポンサーリンク>

-エフェクター
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

高さ合わせ用

Grape Record / サヨナラ〜この恋風に乗って〜 [Official Music Video]
YouTube Twitter 公式LINE

音楽グループ『Grape Record』でアレンジとベースを担当。わずかに変わった3人組ユニット。


<スポンサーリンク>